ぎりぎり。

バックホーの輸送です。

重量ギリギリ、大きさもぎりぎり。

後ろのあおりを切ってますがこれもぎりぎり。

 

浅間火山耐久レース第2戦

27日の日曜日に浅間サーキットで行われた浅間火山耐久レースに参加してきました。
5時間のダートでの耐久のレースのためドライバーも車も過酷です。
 
そして車が壊れると
 
 
車を横倒しにして下回りの修理です。
ちなみにこのチームは自分のところではないですよ。メンバーが若干高齢ですね。
こんな感じでいろんなメンバーが集まれるのもこのレースの楽しみです。
 
 
で自分所は前回(第1戦)で2時間使ったショックをそのまま投入したため(エンジン交換に手間取ったかららしい)もしかすると5時間持たない。
経験上5時間がリミットらしい。
予想通りショックが4本ともほぼ同時に逝きました。
リアはアッパーマウントがちぎれ。フロントはショックが分解してしまった。
でその4本を交換したためタイムロス。
さらにネックのフロント右ドライブシャフトが今回も逝って自分が最後に乗ったのですがFR状態でした。
それなりに必死に何周かしたけど追いつけないし、今までなかったことに抜かれました。
FR状態じゃ加速できませんからね。
でも外周コーナーは踏みっぱなし(90キロ)ぐらいのままクランク区間に侵入できるほど路面がしまって来たらしい。
 
 
 
 
目標の完走が出来たし次回の課題もできたから頑張ろう。
 
 

例外。

飼育しているミツバチが巣箱から居なくなりました。
箱の中を開けてみたら驚き。
蓋に巣が出来てました。
 
例外です。
 
 
 
王台が 7か所ほど出来てて三か所は飛び立ってました。
なんでいなくなったんだろう。
 
 
 

クマった。

飼育している日本ミツバチがクマに襲われたとのことで現場に急行。
巣箱の被害も最小限でミツバチもその箱で活動再開。
 
でも巣が二段ほど巣箱から外れてしまった。仕方ないのでみんなで味見。
 
 
蜜を舐めて今後の対策を練っていたら茂みの方からバリバリ音がしてのぞいてみたら犯人がいました。
 
 
この写真中央の黒い塊が巣箱を襲った犯人のクマです。
距離三メートル。
 
襲われなくってよかったが、にらみあい状態がしばらく続きました。
 
自然相手だからこんなこともあるさ。
 

ラーコラーコ

最近コーラ業界もマンネリ化解消と夏に向けての新品種が発売されてます。
 
今日はペプシのバオバブです。
果汁は入ってませんので悪しからず。
 
 
 
色合いが何とも言えない変化球だね。
でもいいかもね。

ひび。

最近タイヤ交換で多いのはタイヤのサイドのヒビです。
タイヤは溝はまだまだ減ってないんだけどヒビだらけだから交換ってパターンが続いてます。
 
写真は指でヒビが目立つように広げてますが見てほしいのはひびの深さです。
タイヤ表面のゴムが完全に切れてます。ということは簡単に空気も抜けていくし、ちょっとした段差や高速でバーストすることがあります。
 
とても危険です。
 
まだ6分山ありましたが交換させてもらいました。
 
こういうタイヤを履いているお客さんにはほぼ脅しっぽく状況を説明して納得して交換させてもらいます。
タイヤバーストしたら車のコントロールできなくなりますからね